名探偵コナン

【ネタバレ注意】TVアニメ版名探偵コナンを第61話から調査してみた【61話~70話編】

名探偵コナン 61話名探偵コナン
この記事は約10分で読めます。
sponsored link

こんにちは、すぎ所長です。

今回は、【第61~70話】のお話を調査します。

「何を調査するの?」と詳細が気になる方はこちらの記事に記載しておりますので、ご覧ください!

調査内容一覧
【タイトル横の略語の意味】
・― →小五郎に刺した麻酔張り本数
・= →園子に刺した麻酔張り本数
・≡ →その他に刺した麻酔張り本数
・□ →犯人を倒すために使用した麻酔張り本数
・阿 →推理時、アガサ博士を利用するコナンの回数
・! →「工藤新一、探偵さ。」
・? →「江戸川コナン、探偵さ。」
・あ →「あれれ~、おかしいぞ(あれれ~等、短縮形も含)」と言った回数
・有 →「毛利小五郎?あの有名なー」関連の言葉を言った回数
・影 →犯人の影の登場回数
・蝶 →蝶ネクタイ型変声機
・D →DBバッチ使用回数
・キ →キック力増強シューズ使用回数
・イ →イヤリング型携帯電話使用回数
・ス →ターボエンジン付スケートボード使用回数
・メ →超小型盗聴器付犯人追跡メガネ使用回数
・小 →小型スピーカー使用回数
・ど →どこでもボール射出ベルト使用回数
・ノ →ノート型電子マップ使用回数
・発 →発信機使用回数
・黒 →黒ずくめの組織らの登場回数
・伸 →伸縮サスペンダー使用回数
・弁 →弁当型携帯FAX使用回数
・ノ →ノート型電子マップ使用回数
・俺 →「~だった俺たちは」と言った回数
・う →元太が「うな重食いて~」と言った回数

そのほか、犯人・被害者・死者数・死因・凶器・動機・罪名etc


今回ご紹介するお話のまとめはこちら→

第61話「幽霊船殺人事件(前編)」
第62話「幽霊船殺人事件(後編)」
第63話「大怪獣ゴメラ殺人事件」
第64話「第3の指紋殺人事件」
第65話「カニとクジラ誘拐事件」
第66話「暗闇の道殺人事件」
第67話「舞台女優殺人事件」
第68話「闇の男爵(ナイトバロン)殺人事件(事件編)」
第69話「闇の男爵(ナイトバロン)殺人事件(疑惑編)」
第70話「闇の男爵(ナイトバロン)殺人事件(解決編)」
 
それでは本日も参りましょう。
sponsored link

名探偵コナンを無料で観たい方へ

名探偵コナンは子供に限らず、20代や30代の大人の方たちにも親しまれている作品です。

そんな名探偵コナンを無料で観ることが出来る方法が「U-NEXT」です!

なんと、31日間無料で名探偵コナンはもちろん見放題作品が90,000もあり、映画もドラマも幅広いラインナップが揃っています!

31日間無料なので、それまでにいつでも解約を行うことができます。

今すぐU-NEXTの無料トライアルに登録して名探偵コナンを満喫しましょう!

\31日間の無料体験が可能/
U-NEXTを無料で体験してみる
31日以内に解約すれば、完全無料!

第61・62話 「幽霊船殺人事件(前・後編)」 時期:不明 俺ー蝶影キ

あらすじ

(前編)
水軍伝説の伝わる瀬戸内海の小島・敷島では、7年前に金塊を積んで沈没したはずの小型船・竜神丸が浜に打ち上げられた。講演会を依頼されて島にやって来た小五郎は10億円の金塊探しも依頼される。が、小五郎の代わりにくす玉の紐を引いた村役場の職員がガソリンを浴びて火だるまになった。何者かが小五郎の命を狙ったのだ。

出典:読売テレビ

(後編)
竜神丸のキャビンから灯台守・浜田の惨殺死体が発見され、現場で気絶していた小五郎に殺人容疑がかかった。島民たちの怒りに小五郎と蘭共々八つ裂きにされかねない不穏な雰囲気に、コナンは小五郎を麻酔銃で眠らせ、小五郎の声で小五郎がはめられた罠を暴き出す。小五郎を罠にはめた真犯人は金塊を狙っているに違いない。

出典:読売テレビ

事件概要

犯人:木下五郎(53歳、敷島役場助役) 男
被害者:浜田(青木)幸二(42歳、灯台職員) 男、上原康夫(44歳、東都旅行社 営業) 男
死者数:2人男(1人男竜神丸オーナー他殺溺死)
死因:刺殺1、銃殺1(1名男溺死)
凶器:刀、拳銃
動機:よそ者に金塊を取られたくなかったため
罪名:殺人未遂罪(刑法203条)、殺人罪(刑法199条)

第61・62話の見どころ

【登場人物】三上武男(50歳、敷島村長) 男、三上鈴(7歳、三上村長の娘) 女
日数:2日間(1日目朝→2日目昼)
竜神丸→7年前遭難した船
場所→敷島
コナン・蘭らが島に来て最初に食べた食べ物→サザエのつぼ焼き、コナン初キスシーン
蹴ったもの→金塊

第63話 「大怪獣ゴメラ殺人事件」 時期:初夏(服装的に) ア蝶

あらすじ

映画「大怪獣ゴメラ」の撮影所を見学に行ったコナンと少年探偵団の子供たちは、ゴメラ役の俳優・松井の案内でセットや怪獣の着ぐるみを見て大喜び。が、松井がゴメラに刺され、逃げたゴメラを追うコナンたちは、スタジオでゴメラがシリーズの中止を決定したプロデューサーを刺殺するところを目撃する。

出典:読売テレビ

事件概要

犯人:ゴメラ・松井秀豪(年齢不詳、ゴメラ俳優) 男
被害者:亀井修(年齢不詳、映画プロデューサー) 男
死者数:1人男
死因:刺殺
凶器:包丁
動機:自分がゴメラを引退したいと亀井にデマを流され、ゴメラが終わりそうになったから
罪名:殺人罪(刑法199条)

第63話の見どころ

【登場人物】三上大輔(年齢不詳、映画監督・ゴメラの生みの親・アガサ博士の友人) 男、安達僚太(年齢不詳、美術) 男、坂口友美(24歳、女優・妖精エメラ) 女
日数:1日(半日)
・ゴメラ初登場回
・アガサ初利用回

第64話 「第3の指紋殺人事件」 時期:夏(服装的に) ー蝶

小五郎の刑事時代の先輩で暴力団担当の警部・寺岡からバーベキューパーティーに招待された小五郎、蘭、コナン。寺岡は暴力団の幹部から呼び出され、一人で会いに行くと言う。心配した小五郎は寺岡に付き添っていくが、寺岡が入っていったコンテナ置場から銃声が聞こえ、暴力団幹部・松山が喉を撃たれて死亡した。

出典:読売テレビ

事件概要

犯人:寺岡(年齢不詳、警視庁捜査4課) 男
被害者:松山(年齢不詳、暴力団幹部) 男
死者数:1人男
死因:銃殺
凶器:拳銃
動機:松山から金銭を授受する代わりに警察の情報を売り渡していて、事件の2日前に松山が「人を殺したから高飛びするお金を用意しろ。できなければお前との関係をバラす」と言われたから
罪名:殺人罪(刑法199条)

第64話の見どころ

日数:半日(12:00~17;10~)
・場所→港湾埠頭
・寺岡、セリフ言い間違え回(おさ“がわ”せして申し訳ございませんでした)
・寺岡奥さん髪の毛切れ問題

第65話 「カニとクジラ誘拐事件」 時期:不明 メ有発キ

あらすじ

ビアガーデンで誘拐事件に気づいたコナンは、小五郎、蘭と共に、脅迫されているらしい歯科医・遠藤を家まで尾行する。急患のふりをして入り込んだ3人は、4歳の息子・圭太が誘拐され、身代金を要求されていることを知る。圭太の監禁場所の手掛かりは「カニ」と「クジラ」。コナンたちは水族館やカニ料理店を調べまくるが…。

出典:読売テレビ

事件概要

犯人:小室(年齢不詳、職業不詳) 男、尚美(年齢不詳、職業不詳) 女
被害者:遠藤圭太(年齢不詳、圭吾の息子) 男
死者数:0人(1人女:圭吾の妻、病死)
死因:なし
凶器:ナイフ
動機:ただの金銭目的の誘拐
罪名:未成年者誘拐罪(刑法224条)及び身代金目的略取等罪(刑法225条の2)

第65話の見どころ

【登場人物】遠藤圭吾(33歳、歯科医)男

第66話 「暗闇の道殺人事件」 時期:夏(服装的に) ー蝶

あらすじ

街灯の壊れている夜道で大学生が側頭部を鈍器で一撃されて死亡した。現場付近で凶器は発見されなかった。真っ暗闇の中で誰が、どうやって殺害したのか?直前まで前のマンションで一緒に酒を飲んでいた仲間と現場にいた友人、それぞれ動機はある。コナンは向かいのビルの屋上を利用した密室からのトリックに挑戦する。

出典:読売テレビ

事件概要

犯人:竹野浩司(20歳、米花大学2年生) 男
被害者:生田義郎(20歳、米花大学2年生) 男
死者数:1人男(1人女:登山中の凍死、恵子{年齢不詳、竹野の元恋人・元山岳部})
死因:撲殺
凶器:小石+靴下
動機:戸川恵子が害者を振って尺に触ったから雪山に置いていき凍死させたから
罪名:殺人罪(刑法199条)、器物損壊罪(刑法261条)

第66話の見どころ

【登場人物】大村淳(38歳、毛利の旧友 プラモデル店経営)男、日下正巳(20歳、米花大学2年生)男(害者に学費パクられる)、清水洋一(20歳、米花大学2年生)男、中村英則(21歳、米花大学2年生)男(害者に借金があった)←山岳部の仲間
日数:半日(夕方~22:04~23:30)

第67話 「舞台女優殺人事件」 時期:夏(服装的に) 蝶≡

あらすじ

公演を目前に控えた有名劇団に脅迫状が送られてきた。調査を依頼された小五郎たちの目の前で主演女優の大手祥子がリハーサル中に死亡する。服毒自殺を演じる心中シーンで青酸化合物を飲まされたようだ。衆人監視の中、祥子だけに確実に毒を飲ませる方法はあるのか?祥子殺しの動機を持つ容疑者が次々と浮上するが…。

出典:読売テレビ

事件概要

犯人:佐々木瞳(年齢不詳、マネージャー) 女
被害者:大出祥子(年齢不詳、主演女優) 女
死者数:1人女
死因:毒殺
凶器:青酸化合物、釣り糸
動機:当時佐々木瞳の彼氏だった宇田を大出に取られたが、「無知で退屈な男」と言って別れたから(彼女が本気ではなかったら)
罪名:殺人罪(刑法199条)

第67話の見どころ

【登場人物】塩田平八郎(年齢不詳、伝説の名探偵) 男、本木和男(年齢不詳、演出家) 男、中山英子(年齢不詳、女優) 女、館岡順一(年齢不詳、小道具) 男、宇田裕一(年齢不詳、主演男優) 男
日数:1日(半日)
場所:米花芸術劇場
・高木刑事登場回
・小五郎ケガにより途中退出
・塩田探偵が小五郎に代わり居眠り

第68・69・70話 「闇の男爵(ナイトバロン)殺人事件(事件/誘惑/解決編)」 時期:夏 有影ー蝶

あらすじ

(事件編)
コナンたちは阿笠博士の申し込んだ「伊豆ミステリーツアー」に博士の代わりに参加した。ツアーの中に紛れ込んでいる主催者を見つけ出すと、極秘のプログラムのフロッピーがもらえるという。謎の主催者はコナンの父・工藤優作の書いたミステリーの主人公・闇の男爵(ナイトバロン)に扮してツアー中に事件を起こすらしい。

出典:読売テレビ

(誘惑編)
ツアーに参加した7人はナイトバロンという名の幻のコンピューターウィルスのフロッピー目当てに参加したことが判った。そんな中、プログラマーの江原が転落死した。江原がナイトバロンの衣装を身に着けていたことから、ツアーの主催者は江原で、酒に酔った上の事故と見られた。が、衣装は何者かに着せられたことが判明。

出典:読売テレビ

(解決編)
ナイトバロンに襲われた警官は空手の達人だった。ナイトバロンは蘭のキックもかわしている。こんなことができるのは、空手の日本チャンピオンだった前田しかいない。コナンは死んだ江原の部屋の防犯ロックを外からかける方法を横溝刑事と小五郎に教え、小五郎たちは改めてツアーのメンバーのアリバイを確認する。

出典:読売テレビ

事件概要

犯人:佐山明子(24歳、高校数学教師・1901号室) 女、前田聡(30歳、城南大学電子工学科 助手・6年前の空手チャンピオン・1901号室) 男
被害者:江原時男(32歳、コンピュータープログラマー・上条の元夫) 男
死者数:1人男(1人男:佐山の兄自殺)
死因: 刺殺
凶器:銅像
動機:3年前、佐山の兄が社運をかけて作成したソフトワークショップをハッキングしたから
罪名:殺人罪(刑法199条)、証拠隠滅罪(刑法104条)

第68・69・70話の見どころ

【登場人物】今野史郎(28歳、銀行員・2002号室) 男、金城玄一郎(74歳、コンピューター会社オーナー・2001号室) 男、林静江(56歳、金城の使用人) 女、上条秀子(29歳、コンピューターソフト会社社長・江原の妻・2102号室) 女、前田聡(30歳、城南大学電子工学科 助手・6年前の空手チャンピオン・1901号室) 男
日数:1日
場所:伊豆、IZU PRINCESS HOTEL
・小五郎が今野の問いかけに要した時間→3.04秒
・コナン達の部屋1902号室
・登場人物の親類みんな死にすぎ問題
・横溝さんご刑事埼玉県警から静岡県警に転勤後初登場回
・アガサ博士疑惑回
・姫風利用

今日のひとこと

今回は、「61話~70話」を調査しました。

ここから、前編・後編の2部構成だけでなく、事件・疑惑・解決編といった3部構成が登場しました!

また、麻酔銃を利用せずアガサ博士を利用した腹話術推理もここから始まりました。

幼い頃に見ていたお話を大人になってから見ると、「大学生がこんな殺人をするなんて・・・・」みたいな犯行が多く見受けられました。

また次回をお楽しみに~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました